Skip to content

子供服を買取してもらうコツとは

大人に比べて着る期間が短く、1年の間にも身長が10センチ伸びることのある子供の服は、捨てる前にリサイクルを考えましょう。子供服の売買は、同じく着る期間が短いために古着でもかまわないという親御さんも多いので、上手にすれば高く買取してもらえます。まずはサイズアウトとなった子供服を並べて、サイズと記名があるかないかの確認をしましょう。保育園児などで普段着が大量にある場合、記名入りが普通ですからそれらの服はインターネットなどでオークションに出して売る方が高く売れることが多いです。

同じく保育園児をもっている親は着替えが大量にいる上に、服のやり取りも普通なので新品にこだわらないし記名有りでも大丈夫という人が多いのでしょう。ブランドものや余所行きの服などは同じくオークションで単品で出品するか、リサイクルショップへともって行きましょう。リサイクルショップはブランドでない場合は段ボール1箱でいくら、という買取金額になり、あまりお得感はありませんが売買のトラブルは少ないと思われます。どちらの場合も子供服のチェックはかかせません。

まずはサイズ別にならべ、糸のほつれや破れなどがないか確認しましょう。それらの処理が終わったら洗濯し、綺麗にアイロンをかけます。これだけで見栄えが断然よくなるのでオークションなどでは評価が高くなり、次回の買取につながることがあります。服への記名は洗濯タグなどにし、いざという時は切り取れるようにしておけば売買するときに楽です。

キッズのオーバーオールのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です